銅 | ミネラル | 栄養素

特定健診・特定保健指導
メタボリックシンドローム
メタボリックシンドローム予防法
メタボ脱出作戦
メタボリックシンドローム対策
栄養素辞典

トップページへ戻る栄養素辞典の目次
銅

Cu

銅

銅は生体内に80mgが存在し、主に皮膚、骨格筋、骨髄、肝臓、脳、血液にあります。

15種類以上の酵素の構成成分として赤血球の生成、神経伝達物質の生成などの働きをします。


銅・生理作用  銅・生理作用

◎骨髄でヘモグロビンを作る時に鉄の吸収を良くする。
◎腸管からの鉄の吸収を助ける


銅・薬理作用  銅・薬理作用

◎抗酸化作用
◎大動脈の動脈瘤予防
◎関節炎の痛み緩和
◎疲れやすさの改善
◎心臓病の予防
◎血管、骨、腱、神経を丈夫に
◎貧血
◎免疫機能低下を改善
◎高血圧の予防
◎ガンの予防


銅・一日の摂取量  銅・一日の摂取量

■ 銅・一日の摂取量 ■

18歳以上の男性で0.8mg/日が推奨量となります。

銅・一日の摂取量
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2010年版


銅・欠乏すると  銅・欠乏すると

◎疲れやすくなる
◎抗酸化作用を発揮する物質の活性が低下
◎コラーゲン形成不完全
◎HDLコレステロール低下
◎LDLコレステロール上昇
◎高血圧
◎甲状腺機能低下
◎骨粗鬆症
◎免疫機能低下
◎血管が脆くなる
◎動脈瘤形成


銅・多く摂りすぎると  銅・多く摂りすぎると

銅は毒性の低いミネラルであるため、食品からの過剰摂取による影響はありません。


栄養素を多く含む食品  栄養素を多く含む食品

■ 銅が多く含まれる食品 ■

銅が多く含まれる食品 銅が多く含まれる食品 銅が多く含まれる食品
(推奨量0.8mg/日を一つの食品から摂る場合の必要量)
多く含まれる食品名必要量多く含まれる食品名必要量
ごま・いり47.6gひまわりの種・フライ44.2g
カシューナッツ・フライ42.3g落花生・いり115.9g
くるみ・いり66.1gアーモンド・乾59.3g
ほたるいか・くん製6.7gほしえび・加工品15.5g
しゃこ・ゆで23.1gいいだこ27.0g
牛肝臓15.1gフォアグラ・ゆで43.2g
バジル・粉40.2gとうがらし・粉66.7g
そらまめ・全粒乾66.7g湯葉・干し50.0g

外食が多いあなた、最近体の調子が悪いと感じていませんか?

外食が多いとつい好きだけでメニューを選んでしまい、栄養が偏りがちになってしまいます。 ユーグレナ(和名:ミドリムシ)って知っていますか? ユーグレナには59種類のビタミン・ミネラルが含まれています。

でも一日4錠(約4グラム)に含まれる栄養素なんてたかが知れてると思いませんか? 飲まなかった場合、飲んだ場合の1カ月、3カ月後を考えるとどうでしょう。 取れなかった栄養素が原因で体の変調のリスクが高まります。 一方飲んだ場合は、少なくても最低限の栄養素を毎日取っているので、栄養不足が原因となるリスクは低くなります。 極端な話、飲まなかった場合と飲んだ場合では、「0」か「100」かの違いになります。

その他、ユーグレナだけに含まれる「パラミロン」により「プリン体」吸収の抑制、便秘改善、メタボ改善が期待され、特に免疫バランス調整機能はアトピーの改善が期待されます。

【小林製薬】石垣島のユーグレナ


他のミネラルを知りたい時は下のミネラル名をクリック
▼ ▼ ▼

op-arow-right カルシウム リン カリウム ナトリウム マグネシウム クロム 亜鉛 マンガン

ヨウ素 セレン モリブデン コバルト 塩素 硫黄 op-arow-right


上に戻る

RSS 2.0

特定健診とメタボリックシンドローム予防http://www.me-ta-bo.com/