モリブデン | ミネラル | 栄養素

特定健診・特定保健指導
メタボリックシンドローム
メタボリックシンドローム予防法
メタボ脱出作戦
メタボリックシンドローム対策
栄養素辞典

トップページへ戻る栄養素辞典の目次モリブデン
モリブデン

モリブデン

Mo

モリブデン

モリブデンは必須微量元素の一つで多くは肝臓や腎臓に存在します。

キサンチン酸化酵素など数種類の酸化酵素の触媒となる酵素の構成成分で、糖質や脂質の代謝を助け、鉄の利用を高めて貧血を予防する働きがあります。


モリブデン・生理作用  モリブデン・生理作用

◎肝臓と腎臓に多く、キサンチンオキシダーゼ構成成分となる
◎糖質代謝を潤滑にする
◎酸化関連に必要な成分
◎銅による中毒の予防効果
◎尿酸の代謝に関与
◎鉄の利用促進


モリブデン・薬理作用  モリブデン・薬理作用

◎体内の亜硫酸を解毒
◎銅の排泄を増大
◎貧血の予防
◎抗ガン作用
◎ウィルソン病


モリブデン・一日の摂取量  モリブデン・一日の摂取量

■ モリブデン・一日の摂取量 ■

一日の推奨量は25μg/日となっています。

モリブデン・一日の摂取量
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2010年版


モリブデン・欠乏すると  モリブデン・欠乏すると

◎成長遅延
◎貧血
◎疲労
◎尿酸代謝障害
◎不妊


モリブデン・多く摂りすぎると  モリブデン・多く摂りすぎると

毒性が低いため、過剰症が問題となることはほとんどありません。


栄養素を多く含む食品  栄養素を多く含む食品

■ モリブデンが多く含まれる食品 ■

モリブデンが多く含まれる食品 モリブデンが多く含まれる食品 モリブデンが多く含まれる食品
(推奨量25μg/日を一つの食品から摂る場合の必要量)
多く含まれる食品名必要量多く含まれる食品名必要量
米・玄米20.8gオートミール42.3g
うどん・生47.2gそば・生36.2g
コーンフレーク59.5gこんにゃく156.2g
豚・ボンレスハム37.9gはちの子53.2g
鶏卵・卵黄138.9gえのきだけ1250.0g
ほんじめじ1250.0gあおのり5.8g
わかめ15.6gあゆ156.0g
あさり40.3gにしん54.3g
牛肝臓22.7gコンビーフ缶詰28.7g
グリンピース17.9g大豆もやし25.0g
チンゲン菜92.6gセロリー62.5g
ぶどう108.7g甘納豆20.8g
米菓・あられ47.2gこいくちしょうゆ30.1g
うすくちしょうゆ28.7g米みそ・辛みそ26.6g
からし粉34.7gガーリックパウダー20.8g

外食が多いあなた、最近体の調子が悪いと感じていませんか?

外食が多いとつい好きだけでメニューを選んでしまい、栄養が偏りがちになってしまいます。 ユーグレナ(和名:ミドリムシ)って知っていますか? ユーグレナには59種類のビタミン・ミネラルが含まれています。

でも一日4錠(約4グラム)に含まれる栄養素なんてたかが知れてると思いませんか? 飲まなかった場合、飲んだ場合の1カ月、3カ月後を考えるとどうでしょう。 取れなかった栄養素が原因で体の変調のリスクが高まります。 一方飲んだ場合は、少なくても最低限の栄養素を毎日取っているので、栄養不足が原因となるリスクは低くなります。 極端な話、飲まなかった場合と飲んだ場合では、「0」か「100」かの違いになります。

その他、ユーグレナだけに含まれる「パラミロン」により「プリン体」吸収の抑制、便秘改善、メタボ改善が期待され、特に免疫バランス調整機能はアトピーの改善が期待されます。

【小林製薬】石垣島のユーグレナ


他のミネラルを知りたい時は下のミネラル名をクリック
▼ ▼ ▼

op-arow-right カルシウム リン カリウム ナトリウム マグネシウム クロム 亜鉛 マンガン

ヨウ素 セレン モリブデン コバルト 塩素 硫黄 op-arow-right


上に戻る

RSS 2.0

特定健診とメタボリックシンドローム予防http://www.me-ta-bo.com/