ビタミンK | フィロキノン | ビタミン | 栄養素

特定健診・特定保健指導
メタボリックシンドローム
メタボリックシンドローム予防法
メタボ脱出作戦
メタボリックシンドローム対策
栄養素辞典

トップページへ戻る栄養素辞典の目次ビタミンK
ビタミンK

ビタミンK

フィロキノン(K1)、メナキノン(K2)

ビタミンK

1929年にデンマークのダムが、脂肪を含まない餌で飼育した鶏に皮下出血を起こすことを見つけましたが、ビタンミンA、D、E、Cのいずれでも治りませんでした。 餌にアルファルファと言う草を与えると治ることから、1934年に植物の脂肪の中に含まれるビタミンを発見し、ビタミンKと命名しました。

ビタミンK1は緑黄色野菜、海藻、緑茶、植物油に含まれます。
ビタミンK2は11種類からなり、動物性食品に含まれるメナキノン-4と、納豆菌から産生されるメナキノン-7などがあります。

摂取したビタミンKは小腸から吸収され、カイロミクロンに取り込まれて血液中に入り、肝臓に運ばれます。 肝臓に運ばれた後、リポたんぱくによって血液に乗って各組織に運搬され末梢組織に取り込まれます。


ビタミンK・生理作用  ビタミンK・生理作用

◎血液凝固因子の合成を助ける補酵素としての役目。
◎カルシウムを骨に沈着させ、骨を丈夫にする。


ビタミンK・薬理作用  ビタミンK・薬理作用

◎骨粗鬆症による骨量・疼痛改善の治療薬
◎LDLコレステロールを下げる
◎動脈硬化の予防
◎ガンを防ぐ
◎鼻血を防ぐ
◎血液凝固時間が長引くのを改善
◎痔の出血


ビタミンK・一日の摂取量  ビタミンK・一日の摂取量

■ ビタミンK・一日の摂取量 ■

ビタミンK・一日の摂取量
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2010年版


ビタミンK・欠乏すると  ビタミンK・欠乏すると

◎鼻血が出やすい
◎胃腸からの出血しやすい
◎軽い切り傷でも出血が続く
◎月経過多
◎血尿が出る
◎血液が固まるのに時間がかかる
◎骨粗鬆症
◎骨折しやすくなる


ビタミンK・多く摂りすぎると  ビタミンK・多く摂りすぎると

幼児では血性貧血、高ビリルビン血症、核黄疸がありますが、成人では大量に摂取しても毒性がありません。


栄養素を多く含む食品  栄養素を多く含む食品

■ ビタミンKの多く含まれる食品 ■

ビタミンKの多く含まれる食品 ビタミンKの多く含まれる食品 ビタミンKの多く含まれる食品
(目安量75μg/日を一つの食品から摂る場合の必要量)
多く含まれる食品名必要量多く含まれる食品名必要量
パセリ8.8gしその葉10.9g
モロヘイヤ11.7gあしたば15.0g
バジル17.0gかぶの葉22.0g
ほうれん草27.8g大根の葉27.8g
しゅんぎく30.0g小松菜35.7g
干しのり2.9gいわのり4.4g
味付けのり11.5g焼きのり19.2g
ひじき23.4g玉露1.9g
抹茶2.6g紅茶5.0g
煎茶5.4g納豆86.2g

外食が多いあなた、最近体の調子が悪いと感じていませんか?

外食が多いとつい好きだけでメニューを選んでしまい、栄養が偏りがちになってしまいます。 ユーグレナ(和名:ミドリムシ)って知っていますか? ユーグレナには59種類のビタミン・ミネラルが含まれています。

でも一日4錠(約4グラム)に含まれる栄養素なんてたかが知れてると思いませんか? 飲まなかった場合、飲んだ場合の1カ月、3カ月後を考えるとどうでしょう。 取れなかった栄養素が原因で体の変調のリスクが高まります。 一方飲んだ場合は、少なくても最低限の栄養素を毎日取っているので、栄養不足が原因となるリスクは低くなります。 極端な話、飲まなかった場合と飲んだ場合では、「0」か「100」かの違いになります。

その他、ユーグレナだけに含まれる「パラミロン」により「プリン体」吸収の抑制、便秘改善、メタボ改善が期待され、特に免疫バランス調整機能はアトピーの改善が期待されます。

詳しくはこちら → 【小林製薬】石垣島のユーグレナ


他のビタミンを知りたい時は下のビタミン名をクリック
▼ ▼ ▼

op-arow-right B1 B2 B6 B12 葉酸 ナイアシン パントテン酸 ビオチン

コエンザイムQ10 op-arow-right


上に戻る

RSS 2.0

特定健診とメタボリックシンドローム予防http://www.me-ta-bo.com/