葉酸 | プテロイルグルタミン酸 | ビタミン | 栄養素

特定健診・特定保健指導
メタボリックシンドローム
メタボリックシンドローム予防法
メタボ脱出作戦
メタボリックシンドローム対策
栄養素辞典

トップページへ戻る栄養素辞典の目次葉酸
葉酸

葉酸

プテロイルグルタミン酸

葉酸

1944年米国のスネルらにより、肝臓に含まれる悪性貧血予防因子がほうれん草にも含まれるのを示し、葉酸と名づけました。

葉酸は植物性食品だけでなく動物性食品にも多く含まれていています。
食材の中の葉酸はほとんどが複数のたんぱく質と結合したポリグルタミン酸型ですが、体内で吸収するにはモノグルタミン酸型まで分解しなければならず、その為、摂取した量の50%程度しか体内に吸収されません。


葉酸・生理作用  葉酸・生理作用

◎遺伝子情報(DNA)が詰まった核酸中の成分の合成に補酵素として働きます。
◎細胞の増殖、成長、修復には必須なビタミンとなります。


葉酸・薬理作用  葉酸・薬理作用

◎貧血症、悪性貧血の改善
◎アルツハイマー病の予防
◎通風の緩和
◎動脈硬化、心臓病のリスクを下げる
◎肺、大腸、直腸ガンのリスクを下げる
◎ウィルス性肝炎のリスクを下げる
◎疲労、うつの緩和


葉酸・一日の摂取量  葉酸・一日の摂取量

■ 葉酸・一日の摂取量 ■

葉酸・一日の摂取量
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2010年版


葉酸・欠乏すると  葉酸・欠乏すると

◎骨髄の血球を作る能力が低下して貧血になる
◎消化器粘膜に影響、口内炎、舌炎、胃腸潰瘍
◎物忘れ
◎大腸、肺、食道等のガンのリスク増加
◎貧血による動悸、息切れ
◎ホモシステイン増加による動脈硬化、心臓疾患


葉酸・多く摂りすぎると  葉酸・多く摂りすぎると

葉酸を大量(1~10mg)摂取すると、発熱・蕁麻疹・紅斑・かゆみ・呼吸障害などの葉酸過敏症を起こすことがあります。


栄養素を多く含む食品  栄養素を多く含む食品

■ 葉酸の多く含まれる食品 ■

葉酸の多く含まれる食品 葉酸の多く含まれる食品 葉酸の多く含まれる食品
(推奨量240μg/日を一つの食品から摂る場合の必要量)
多く含まれる食品名必要量多く含まれる食品名必要量
モロヘイヤ96.0gパセリ109.0g
ブロッコリー114.3gほうれん草114.3g
しゅんぎく126.3gアスパラガス126.3g
たかな133.3gクレソン160.0g
じゃがいも1142.9gそら豆・乾92.3g
大豆・乾104.3gあずき・乾184.6g
糸引き納豆200.0gいんげん豆・乾282.4g
あまのり・焼きのり12.6gあまのり・味付けのり15.0g
いわのり・素干し16.0gあまのり・ほしのり20.0g
あおのり・素干し92.3gまこんぶ・素干し92.3g
せん茶18.5g抹茶20.0g
玉露24.0g紅茶114.3g
鶏肝臓18.5g牛肝臓24.0g
豚肝臓29.6g小麦はいが61.5g

外食が多いあなた、最近体の調子が悪いと感じていませんか?

外食が多いとつい好きだけでメニューを選んでしまい、栄養が偏りがちになってしまいます。 ユーグレナ(和名:ミドリムシ)って知っていますか? ユーグレナには59種類のビタミン・ミネラルが含まれています。

でも一日4錠(約4グラム)に含まれる栄養素なんてたかが知れてると思いませんか? 飲まなかった場合、飲んだ場合の1カ月、3カ月後を考えるとどうでしょう。 取れなかった栄養素が原因で体の変調のリスクが高まります。 一方飲んだ場合は、少なくても最低限の栄養素を毎日取っているので、栄養不足が原因となるリスクは低くなります。 極端な話、飲まなかった場合と飲んだ場合では、「0」か「100」かの違いになります。

その他、ユーグレナだけに含まれる「パラミロン」により「プリン体」吸収の抑制、便秘改善、メタボ改善が期待され、特に免疫バランス調整機能はアトピーの改善が期待されます。

詳しくはこちら → 【小林製薬】石垣島のユーグレナ


他のビタミンを知りたい時は下のビタミン名をクリック
▼ ▼ ▼

op-arow-right B1 B2 B6 B12 葉酸 ナイアシン パントテン酸 ビオチン

コエンザイムQ10 op-arow-right


上に戻る

RSS 2.0

特定健診とメタボリックシンドローム予防http://www.me-ta-bo.com/